善玉菌を増やすサプリランキング@おすすめはどれ?

子供の腸内環境

 

最近は食生活が変わってきたこともあり、子供たちの腸内環境も変化してきています。基本的に子供たちは腸内環境が良く快便なのですが、最近は便秘がちな子供も増えていると言われています。しっかり善玉菌を増やす生活をしておくと、体の免疫力も高くなりますし体調よく成長することが出来ます。良好な腸内環境は人生の財産ですから子供のうちから意識して作っておくと良いでしょう。

 

善玉菌は腸に住んでいる細菌のうち人間に良い作用をしてくれるものです。人間は食物繊維を上手く消化・吸収出来ませんが、代わりに腸内細菌がエネルギー源として変換してくれています。他にも有害な病原菌の増殖を防ぐ働きやビタミンの合成、コレステロールや中性脂肪などの脂質の消化・吸収を促す働きなど多くの働きをしてくれます。またトラブルの原因になる悪玉菌の増殖を防ぐ働きもあるのですね。

 

善玉菌を優位にするためには、ヨーグルトを食べるなど善玉菌を含む食品を多く摂取する機会を持つことです。乳酸菌飲料も子供向けにたくさんありますから、虫歯に気をつけながらうまく利用しましょう。それだけではなく野菜や果物を多く食べて、食物繊維やオリゴ糖を摂取させることも大切です。

 

また悪玉菌の増殖を招くタンパク質・脂質の摂取、特に肉類の摂取が過剰にならないように注意しましょう。コンビニフードなどでフライドチキンなどが販売されていてそうしたものを定期的におやつにしている子もいますが、腸内環境の面から言うと子供のおやつとして好ましくはありません。

 

善玉菌だけだと腸はダメ?

 

腸内環境が大事だということが言われるようになってから久しいですが、腸内環境とは簡単に言えば善玉菌と悪玉菌のバランスです。バランスと言いますが善玉菌が圧勝してはならないのでしょうか。基本的に善玉菌が多ければ悪玉菌は減り、善玉菌が少なければ悪玉菌が増えるようになっています。その割合は変化するものの、その菌の総数は大きく変化することは無いと言われています。このベストなバランスは善玉菌と悪玉菌とそのどちらにもなる可能性がある日和見菌のバランスが、2:1:7になることなのだそうです。

 

善玉菌ばかりではいけない理由は、悪玉菌は肉類などのタンパク質を分解して栄養を吸収するためにはある程度必要な存在であり、ゼロにするのもまた問題なのだそうです。ですから善玉菌を増やし腸内環境を整えると言っても、やりすぎはやはり良くないということになるんですねとは言え普通の生活をしていれば悪玉菌の方が優勢になるものですから、よほど極端な生活をしない限り悪玉菌が全滅するようなことはありません。ですから腸内環境の改善をそれこそ毎日せっせと頑張っても、なかなか腸内環境は改善されないくらいです。

 

最近は食品からだけでなく整腸剤やサプリメントでも善玉菌を多数摂取出来るようになっていますので、こうしたものも利用して、腸内環境を整えていきましょう。腸が変わることによって心身の健康に大きな効果があるはずです。

 

善玉菌の多い甘酒の効果

 

今、善玉菌による腸内環境の改善効果が注目されています。腸内環境が改善することで美肌効果や多くの健康効果がもたらされ、現代の医学では治すことが難しいといわれている難病に対しても予防効果があるとされています。そんな善玉菌を含む食品はいろいろあるのですが、なかでも見直されてきている食品のひとつが甘酒です。

 

甘酒は古くから飲まれているお米由来の飲み物ですが、実は日本では古墳時代には甘酒が存在していたと言われています。それが江戸時代に一般的な飲み物として普及するようになり今にまで至っています。甘酒はなんとなく寒い冬に温かくして飲むイメージがありますが、昔は夏バテ防止や疲労回復のための健康飲料として真夏に飲まれることも多かったそうで、俳句では夏の季語なのだそうです。昔は大人の健康維持だけでなく子どもの死亡率が高かった江戸時代は、疫病や食中毒の予防として子どもに飲ませるということもされていて、価格が高騰しないように幕府が統制していたとも言われています。

 

甘酒は麹を使うか酒粕を使うかでアルコールの有無や栄養価が異なります健康目的で摂取するのであれば、麹を使ったものが良いでしょう。乳酸菌が含まれていて乳酸菌をお腹の中で増やす食物繊維やオリゴ糖なども豊富に含まれています。善玉菌の含まれている量で言えばヨーグルトやサプリメントの方が優秀なのだそうですが、総合的な栄養価が非常に高いために甘酒は腸内環境の改善や疲労回復などに効果の高い食品で健康効果が期待出来ます。一度試してみてはいかがでしょうか。

 

善玉菌を増やす意外な方法

 

善玉菌を増やす方法にはちょっと意外に思える方法もあります。その方法のひとつが運動です。体を動かすと腸の動きが活発になって善玉菌も活性化すると言われています。激しい運動は必要なく、ウォーキング程度の負荷の運動でも腸の働きは活性化すると言われています。逆にそれすらほとんどなくデスクワークばっかりになると腸の働きも衰えて便秘などを起こしやすいので注意してくださいね。

 

ある調査では一日に2000歩未満の人と1万歩以上の人とでは、後者のほうが善玉コレステロールの値が多くなっているそうです。善玉菌と大きな関わりがある数値ですので、歩けば歩くほど善玉菌がたくさん増えると考えられます。毎日1万歩を歩くのは、定期的にウォーキングをする趣味や時間が無ければなかなか難しいのではないかと思います。できる範囲で構いませんので少しずつ歩数や距離を伸ばしていくのが良いでしょう。

 

またお腹の筋肉が弱いと腸の動きも鈍くなり善玉菌の働きが悪くなるものです。そして内臓を支える力も弱まり胃や腸も下がって便秘がちになります。V字バランスや腹筋などをしてみながら、ちょっとした時におなかの筋肉も鍛えておくと良いでしょう。ウォーキングやランニングなら、正しい姿勢で行なえば腹筋も自然に鍛えることが出来ます。腸内環境の改善のためには実は運動も大切ですから出来るだけ毎日コツコツ行っていきましょう。

 

腸とストレスの関係は

 

現代社会はストレス社会と言われますが、特に日本人はストレスと無縁では生きることが出来ない国民性や社会環境があるとされています。ストレスを受けない日はないという人も多いのではないでしょうか。そういうストレスが腸内環境を悪くしてしまう可能性が指摘されています。ストレスによって善玉菌が減り悪玉菌が増えることが確認されているからです。実際ストレスが多くなると便通の問題も増え免疫力も弱まりますが、腸の状態と無関係ではないのです。

 

ストレスで腸内環境が乱れる理由は、悪玉菌の増殖を招いてしまうからです。ある調査では自衛隊の青年たちを調査したところ、訓練前は普通の青年の良好な腸内環境だったものが2週間の訓練後には老人と同じくらいに悪玉菌が優勢な状態になってしまったそうです。悪玉菌が増える要因は加齢や乱れた食生活など様々ですが、ストレスの要因は少なくないということが分かります。

 

ストレスによって自律神経の乱れが起こることもよく知られるようになってきましたが、自律神経が乱れると腸のぜんどう運動が鈍るために便秘や下痢などが生じやすくなるのです。普段からストレスと腸の状態に注目してみると、他にも多くの関係があることが分かります。腸の状態が悪い人ほどうつ病や自律神経失調などの神経系のトラブルが起こりやすいということも分かっています。逆に腸の状態が良くなることでストレスも多少解消されるようですから、腸内環境の改善にいつも注意を払いましょう。

 

サプリでも補えます 善玉菌サプリはこちら

 

腸内環境と肌のトラブル

 

美しいお肌を作るためにも腸内環境が大事だと言われています。便秘がちだとニキビや肌荒れが起きやすいように、お肌のトラブルは、腸内環境と密接な関係があります。

 

人間の腸内には、非常に多くの腸内細菌が存在していて、現在もまだ全てが捕捉されているのではありません。善玉菌や悪玉菌という名称は特定の菌の名前ではなく、腸内細菌の働きを中心にした分類です。善玉菌は腸内の乳酸や酢酸を増やしたり、栄養の吸収を助けたりなどして人間に有用な働きをし、悪玉菌は腸内で食物を腐らせたり、発ガン性物質を作り出すなど、健康を害する働きをしています。

 

腸内環境は、この善玉菌と悪玉菌のバランスによって作られていて、どちらか一方が強くなるともう一方の働きが弱まるようになっています。そのため、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことが肝心になります。

 

そして、腸内環境の悪化は、体内に毒素が多くなっている状態で、汗や皮脂などと一緒に毛穴から放出されることになり、それが肌や毛穴を刺激することによって肌荒れやニキビなどが生じるのです。通常は便を通して排泄される老廃物などが、うまく排出されずに残ってしまうためにトラブルが生じるわけです。

 

そのように腸内環境と肌のトラブルは密接な関わりがありますから、しっかり善玉菌を摂取して腸だけでなく肌の調子も整えましょう。多くの食品やサプリメントによって手軽に善玉菌が摂取できるようになっていますから、気持ちひとつで大きく生活も肌の調子も変わるはずです。

 

ウコンと加齢臭

 

ウコンと聞いて思い浮かべるのは、二日酔いなどのお酒関連のことでしょうか。しかし、ウコンにはほかにももっとたくさんの健康効果が期待できるんです。胃腸の調子をよくしたり、肝臓を強くしたり、糖尿病やメタボなどの生活習慣病にだって効果を発揮します。ターメリックという名前出も知られており、カレーのスパイスとして昔から利用されてきました。

 

中国では、漢方薬として使われてきました。効果が高く、副作用が少ないという事で注目を集めています。しかしやはり、過剰摂取の場合は副作用がありますので注意が必要です。肝機能障害を引き起こしたりもするので、肝臓に障害のある人は医師との相談が必要です。

 

ウコンの効果の中に、加齢臭の予防というものもあります。ウコンには強力な抗酸化作用があり、それによって加齢臭を防ぐというのです。インドでは傷薬として使われていたほど、その抗酸化力は強いものです。薬として飲めば、活性酸素を減らすというはたらきもしてくれます。

 

加齢臭の原因は何かというと、脂肪酸が酸化することで発生するノネナールです。体が酸化するというのは、過剰な活性酸素があるということなので、活性酸素を除去する作用のあるウコンを摂取すれば、加齢臭を抑えることができると考えられるのです。

 

摂取方法は、カレーがおすすめ。それもスパイスたっぷりのインドカレーが良いでしょう。欧風カレーは油分が多いため、おすすめしません。ウコンだけに限らず、スパイスには抗酸化作用があるものが多いです。

 

機能性表示食品がおすすめ http://referencement-speed.com/

新着情報